テキストを3周やりきった効果が出ました!

小5の中学受験生のお母さまから、「国語の偏差値が55で安定してきた」と嬉しいお知らせをいただきました✨

小5のAさんとは、昨年の8月から授業を開始しました。

入塾当時の偏差値は43。

昨年から11か月かけてコツコツと、テキスト「小4新演習下」を一冊やり切りました😊

テキストは、最後のページまで解答解説を行ったら、

最初のページから間違った問題だけピックアップして解き直しをしました。

解き直しを含め、このテキストを3周繰り返し演習したことが今回の偏差値向上の勝因です。

Aさんの偏差値が50まで上がり、受験塾のクラスが上位クラスになったと聞いたのが、今年の2月。

この頃、問題の難易度が上がったため、

宿題の記述問題を解答を作らず(書くことができず)に授業にやってくることが何度か続きました。

そんな時は、授業でヒントを伝えたり、語句の意味調べをするように伝えたりして、

まずは何らかの解答を自力で書いてくるまで、何度も繰り返し同じ問題を宿題として出し続けました。

私の方も「何週間、この問題の解説してるんだろう?」と焦る気持ちが出たり、「この演習ペースでいいのだろうか?」と悩んだ時もありましたが、

「粘って良かった!」と今となっては思います😊

次は偏差値60の突破に向け、これからも粘り強くやっていきたいと思います。

関連記事

  1. 2022年夏期講習開始!

  2. テストの結果と、読解演習量の関係

  3. 東京と地方の学力格差を補うために

  4. 新教室からご挨拶

  5. 生徒さまの声② 【2021年10月 教室便り】

  6. 新教室の風景

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP